美髪を遠ざけるNG習慣とは

髪のダメージが気になる人は、美髪を遠ざけるような間違った習慣を続けてしまっている可能性があります。
パーマやヘアカラーで髪が傷むことはよく知られていますが、それ以外にも普段何げなく行っていることが外的要因となり、髪にダメージを与えることがあります。
紫外線がお肌に良くないことは広く知られていますが、実は頭皮はお肌以上に紫外線を浴びやすい部位です。気づかないうちに頭皮にある毛母細胞がダメージを受け、抜け毛や薄毛、白髪などの原因になることもあります。また髪の毛も紫外線によってたんぱく質の結合が分解されるため、キューティクルがはがれたり、乾燥、枝毛、切れ毛などが引き起こされたりします。特に日差しの強い夏場は帽子や日傘などを利用して、髪と頭皮を守りましょう。
毎日のシャンプーやドライヤーも髪が傷む原因となることがあります。シャンプーの時に強く洗いすぎるのは禁物です。界面活性剤やスタイリング剤が入っているため、ゴシゴシ洗うと頭皮がコーティングされ、毛穴がふさがります。そうなると毛髪の成長を妨げ、薄毛を招くことがあります。またシャンプー後の濡れた髪はデリケートな状態になっています。タオルでゴシゴシしたり、ドライヤーのかけ過ぎはキューティクルを痛めます。コテはドライヤー以上に髪を傷めますから、使いすぎには注意が必要です。
他に美髪を遠ざける外的要因として挙げられるのは、夜更かし、煙草、ストレス、過度な冷暖房、無理なダイエットなどです。
抜け毛、切れ毛、コシやハリがないなど、髪のトラブルに悩んでいる人は、まず普段の習慣から見直してみる必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません。