‘未分類’ カテゴリー

ストレスは髪にも大敵だった!

ストレスはさまざまな病気などの原因になりますが、髪の毛にもあまり良い影響は与えてくれません。そもそもストレスはメンタルの問題だけではなく、体にも影響を与えます。それは自律神経に影響を与えるので、自律神経のコントロールがうまく働かずにバランスが崩れてしまうためです。そうなると体中のさまざまなところでその影響を受け、痛みなどを感じるようになり、病気を発症するようになってしまうケースもあるのです。また血流も悪くしますから、頭皮の血管や細胞も弱ってしまいます。こうなると抜け毛が増えたり、円形脱毛が起こることもあります。また抜け毛だけではなく、ストレスには白髪を誘発させる作用もあります。漫画などで、極度のショックを受けたことでいきなり白髪になってしまうなどというものがありましたが、あれほど激しくはありませんが、実際に白髪はある程度増加します。これは血行の悪さによって、髪を着色するメラノサイトがうまく働かないために起きる現象です。もっともストレスが解消されたり、環境が良い方向へ改善されたりすれば、抜け毛や白髪も自然に少なくなって解消されます。そのためにもライフスタイルを見直したりして、心をリフレッシュさせてストレスをためないように心がけましょう。

美髪に効果のある食べ物

忙しい生活を送る女性も多く、ストレスなどから抜け毛などのトラブルに悩まされることがあります。美しい髪の毛を保つには、髪に良い成分が配合されているシャンプーやトリートメントなどは効果が期待できますが、髪の毛の根元に栄養を与える食べ物も考える必要があります。髪の毛の成長に必要な栄養をきちんと摂取することで健康で美しい美髪を保つことが期待できるのです。
美髪になる栄養素はタンパク質、亜鉛、コンドロイチン、ビタミンB6、アルカリ性食品などがあります。
髪の毛は99%がケラチンというタンパク質でできています。タンパク質には肉類、魚類などの動物性タンパク質、豆類や穀物などの植物性タンパク質があり、食べ物はうなぎ、まぐろ、豚もも肉、納豆、卵などです。
亜鉛は、新しい髪の毛をつくるための新陳代謝に必要な栄養素で、豊富に含まれている食材は、貝類の牡蠣です。牡蠣にはテル、マグネシウム、ヨードなども豊富でミネラルの宝庫です。
コンドロイチンは髪のハリやツヤを出す成分で、納豆、オクラ、ヤマイモなどです。ビタミンB6は、頭皮の新陳代謝をよくする作用があり、タンパク質の代謝には欠かせない栄養素です。まぐろ、さんま、いわし、鶏ささみ、赤ピーマン、バナナなどに含まれています。アルカリ性食品は血行を良くして新陳代謝を活発にして毛根部への栄養補給につながり、カリウムやマグネシウム、カルシウムなどの多く含み、食材は、ひじき、わかめ、じゃがいもなどの芋類、バナナなど果物類などがあります。
髪に必要な成分の食べ物をバランスよく摂取し、太くハリのあるしなやかで髪と頭皮が健康に保たれている美髪が期待できます。

睡眠をきちんと摂るだけで美髪になる?

命あるものは、必ず睡眠を取ります。
生きていくために、必要不可欠なものですが体のためだけでなく実は肌や髪のためにもとてもいい効果があります。
それは、寝ている間にも、髪や肌は成長しいているからです。
ただ、その美髪を目指すなら、やはり質のいい睡眠を取ることで成長ホルモンを促すことができます。この睡眠不足になると逆にこの成長ホルモンが減少していくことになります。
そのいい睡眠を確保するには寝る直前までの食事は、内蔵に負担となり成長ホルモンの分泌を妨げることになります。
夕食は、寝る3時間前以上に済ませておくことです。
就寝前に、パソコンやスマートフォンの使用も脳には刺激を与え過ぎます。
髪にいい睡眠を取るには以上のことはしないようにします。
そして、就寝前にシャワーではなくゆっくりと湯船につかり体を温めることで体内の血行をよくして眠りやすい環境にしてくれます。
髪の毛の長い時は枕の頭上側へ髪を上にあげてしまうか、簡単にシルクスカーフなどで軽くまとめておきます。
寝ている間に顔に、かからないようにすることで肌にも髪との摩擦や雑菌の付着を予防することになります。
このように、普段何気なくしていることを髪のために意識するだけで変化はでてきます。

美髪を遠ざけるNG習慣とは

髪のダメージが気になる人は、美髪を遠ざけるような間違った習慣を続けてしまっている可能性があります。
パーマやヘアカラーで髪が傷むことはよく知られていますが、それ以外にも普段何げなく行っていることが外的要因となり、髪にダメージを与えることがあります。
紫外線がお肌に良くないことは広く知られていますが、実は頭皮はお肌以上に紫外線を浴びやすい部位です。気づかないうちに頭皮にある毛母細胞がダメージを受け、抜け毛や薄毛、白髪などの原因になることもあります。また髪の毛も紫外線によってたんぱく質の結合が分解されるため、キューティクルがはがれたり、乾燥、枝毛、切れ毛などが引き起こされたりします。特に日差しの強い夏場は帽子や日傘などを利用して、髪と頭皮を守りましょう。
毎日のシャンプーやドライヤーも髪が傷む原因となることがあります。シャンプーの時に強く洗いすぎるのは禁物です。界面活性剤やスタイリング剤が入っているため、ゴシゴシ洗うと頭皮がコーティングされ、毛穴がふさがります。そうなると毛髪の成長を妨げ、薄毛を招くことがあります。またシャンプー後の濡れた髪はデリケートな状態になっています。タオルでゴシゴシしたり、ドライヤーのかけ過ぎはキューティクルを痛めます。コテはドライヤー以上に髪を傷めますから、使いすぎには注意が必要です。
他に美髪を遠ざける外的要因として挙げられるのは、夜更かし、煙草、ストレス、過度な冷暖房、無理なダイエットなどです。
抜け毛、切れ毛、コシやハリがないなど、髪のトラブルに悩んでいる人は、まず普段の習慣から見直してみる必要があるでしょう。

しつこい頭皮の吹き出物、なくすには?

しつこい頭皮の吹き出物を改善したいと考えたら、頭皮を清潔に保つ事が重要になってきます。
頭皮を清潔に保つと聞くと、シャンプーで念入りに頭皮を洗う事が有効と考える人もいるでしょう。
確かに、正しい洗髪は重要になってきますが、洗い過ぎには注意をしておく事が大切です。
洗い上がりがさっぱりとするシャンプーの場合、洗浄力が強く、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまう事になります。
洗髪では皮脂までしっかりと落とす方が良いと考える人は少なくありませんが、皮脂は落とし過ぎると、頭皮が皮脂不足を感じ、それにより皮脂の過剰分泌を招いてしまう事になります。
ですから、洗髪では、不要な皮脂と汚れだけを落としていく事を意識する事が大切です。
その為に有効な方法のひとつが、アミノ酸シャンプーを選んでみる事です。
アミノ酸シャンプーであれば、不要な皮脂と汚れだけを落としてくれる為、皮脂を落とし過ぎる事はありません。
そして、洗った後はしっかりとすすぎ、髪の毛をしっかりと乾かす事も大切です。
髪の毛が濡れたままの状態は、蒸れやすく、細菌等が繁殖しやすい状態になります。
頭皮の吹き出物を改善したいと考えたら、頭皮を清潔に保つようにしていく事が大切です。

頭皮にできてしまうカサブタの原因は?

頭皮にできてしまうカサブタはケガをしたときに出来るものとは異なり、大半はフケと毛穴の皮膚が重なることによって出来るものです。そのためカサブタが気になるときには頭皮環境を正常に整えて清潔にすることが大切となります。
ただし洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎると、頭皮が乾燥してしまい肌のバリア機能が低下してしまうため、却ってカビ菌やシラミなどの影響を受けやすくなってしまいます。そのため洗浄力の穏やかなシャンプーを使って丁寧に頭皮の汚れを洗い流し、潤いをキープしながら頭皮ケアをすることが重要です。
カサブタを無理やり剥がすと頭皮に悪影響を及ぼすため、なるべく早く皮膚科を受診して塗り薬の処方を受けると良いでしょう。
白っぽいカサブタなので、一見するとフケのようにも見えますが、きちんとケアすれば症状を落ち着かせることが可能です。頭皮の脂が多いときには酸化して独特の臭いが気になるときもあるため、人ごみに入っていくときには他人に不快感を与えないように気をつけると良いでしょう。
症状を放置していると見た目の悪さや臭い以外にも、抜け毛や発育不全といった原因になりかねないため、薄毛にならないうちに適切なカサブタケアをしましょう。

頭皮のニオイはどうやって予防する?

これから夏の暑い時期になると、エレベーターや電車の中など、密着した空間では特に気になってしまうのが頭皮のニオイです。まず頭皮のニオイの原因となっているのは、地肌にある菌が排出する脂肪酸か、もしくは汗と皮脂が合わさって酸化したものかのいずれかであります。いずれにしても過剰な皮脂が原因となって生じています。とにかくまめに頭を洗ってさえいればよいのかというと、そうではありません。洗いすぎることによって余計に皮脂が分泌されますので、シャンプーは一日一回程度が良いでしょう。また、ただ普通に洗うだけでは皮脂を落とすことはできても、菌を抑えることまではできません。地肌ケアー専用のシャンプーがありますので、そちらを使用することをお勧めします。また、地肌は蒸れることでニオイが出やすくなるので、頭皮を洗った後はドライヤーなどを使ってすぐに乾かすことが大事です。そして睡眠不足の状態でもニオイが出やすいので、規則正しい生活を心がけることも大切になります。一番恐ろしいのは、ニオイを発している本人が自覚がないことです。この文章を読んで気になった人は、家族や友人などにさりげなく聞いて確認してみることも必要かもしれません。

なくしたいフケ、かゆみが出てしまうメカニズム

頭皮のトラブルとして最もわかりやすい状態がフケですが、本来フケ自体は外からの刺激から身を守るための頭皮が全身の毛と同じように新陳代謝によって新しい物に張りかえられた後の残骸なので問題ないのです。しかしその状態にかゆみが出たり、いつも以上にフケが出てしまっている状態の場合では問題となるのです。フケが大量に出てかゆみを発症している原因としては頭皮の皮脂が関係しているのですが、その状態には2つのタイプに分かれており頭皮の状態が乾燥しているもしくは頭皮に過剰に皮脂が分泌されていることが挙げられます。乾燥した場合は頭皮の水分と皮脂が足りなくなってしまい、頭皮の目的である外からの刺激や皮膚内にいる細菌類の増殖の防衛力が発揮できないことで炎症を起こしかゆみになります。そして過剰に分泌するタイプでは、過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまいその毛穴の中で皮脂を栄養源に細菌類が繁殖してしまいそれが炎症の原因になるためかゆみになります。これらを引き起こす原因はストレスや食生活といった生活習慣での乱れと頭皮の洗浄自体が間違っていることが挙げられます。大量にでるフケの対処法としては頭皮を洗浄する際には毎日洗浄することが大事ですが1日に1回だけにし、そして食生活の中で脂質の多いものではなく野菜や海藻類を取り入れることが改善に役に立ちます。

よくある頭皮トラブル、原因は何?

頭皮トラブルにはかゆみや湿疹、炎症、ニキビ、かさぶた、フケ、臭いなどさまざまなものがあります。それらの原因もさまざまで、その原因に合わせて対処することが大切です。
頭皮のトラブルの原因としては、頭皮湿疹や皮膚炎が挙げられます。その一つとして脂漏性皮膚炎があります。これは皮脂が分泌される皮脂腺が多い顔や頭皮に起こりやすいもので、ホルモンの分泌異常やストレス、ビタミンBの不足、過剰な洗髪によって引き起こされるものです。脂漏性皮膚炎によるかゆみや赤みを防ぐためには、ストレスを溜めないようにし、十分な休息をとるようにし、ビタミンB群を摂取するよう意識したバランスのよい食事を心がけることが大切です。また、洗いすぎに注意しながら清潔を保つことも大切です。炎症症状がひどい場合には、ステロイド剤や抗菌剤を使用することもあります。
また、脂が多いのとは逆に乾燥によっても炎症や湿疹は引き起こされます。乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人に多く起こるもので、過度な洗髪や冬場の乾燥などによって頭皮が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下し、湿疹や皮膚炎が起きてかゆみや赤みが生じてしまいます。乾燥が原因の場合には、頭皮を保湿する治療が効果的です。保湿剤としては、白色ワセリンやケラチナミン、ヒルドイドなどが挙げられます。また、洗いすぎに注意することも大切です。