よくある頭皮トラブル、原因は何?

頭皮トラブルにはかゆみや湿疹、炎症、ニキビ、かさぶた、フケ、臭いなどさまざまなものがあります。それらの原因もさまざまで、その原因に合わせて対処することが大切です。
頭皮のトラブルの原因としては、頭皮湿疹や皮膚炎が挙げられます。その一つとして脂漏性皮膚炎があります。これは皮脂が分泌される皮脂腺が多い顔や頭皮に起こりやすいもので、ホルモンの分泌異常やストレス、ビタミンBの不足、過剰な洗髪によって引き起こされるものです。脂漏性皮膚炎によるかゆみや赤みを防ぐためには、ストレスを溜めないようにし、十分な休息をとるようにし、ビタミンB群を摂取するよう意識したバランスのよい食事を心がけることが大切です。また、洗いすぎに注意しながら清潔を保つことも大切です。炎症症状がひどい場合には、ステロイド剤や抗菌剤を使用することもあります。
また、脂が多いのとは逆に乾燥によっても炎症や湿疹は引き起こされます。乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人に多く起こるもので、過度な洗髪や冬場の乾燥などによって頭皮が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下し、湿疹や皮膚炎が起きてかゆみや赤みが生じてしまいます。乾燥が原因の場合には、頭皮を保湿する治療が効果的です。保湿剤としては、白色ワセリンやケラチナミン、ヒルドイドなどが挙げられます。また、洗いすぎに注意することも大切です。

コメントは受け付けていません。