頭皮にできてしまうカサブタの原因は?

頭皮にできてしまうカサブタはケガをしたときに出来るものとは異なり、大半はフケと毛穴の皮膚が重なることによって出来るものです。そのためカサブタが気になるときには頭皮環境を正常に整えて清潔にすることが大切となります。
ただし洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎると、頭皮が乾燥してしまい肌のバリア機能が低下してしまうため、却ってカビ菌やシラミなどの影響を受けやすくなってしまいます。そのため洗浄力の穏やかなシャンプーを使って丁寧に頭皮の汚れを洗い流し、潤いをキープしながら頭皮ケアをすることが重要です。
カサブタを無理やり剥がすと頭皮に悪影響を及ぼすため、なるべく早く皮膚科を受診して塗り薬の処方を受けると良いでしょう。
白っぽいカサブタなので、一見するとフケのようにも見えますが、きちんとケアすれば症状を落ち着かせることが可能です。頭皮の脂が多いときには酸化して独特の臭いが気になるときもあるため、人ごみに入っていくときには他人に不快感を与えないように気をつけると良いでしょう。
症状を放置していると見た目の悪さや臭い以外にも、抜け毛や発育不全といった原因になりかねないため、薄毛にならないうちに適切なカサブタケアをしましょう。

コメントは受け付けていません。